スポンサーリンク

競馬必勝法。複勝でマーチンゲールを使えば勝ち逃げできるよ。

皆さんは競馬で複勝の馬券を買ったことがあるでしょうか?

複勝は予想した馬が1位~3位までのどれかに入って入賞すれば当たりの馬券。
当然、予想を当てやすいので配当が低いです。
1番人気や2番人気の馬券なら配当は1.1倍とか1.2倍とか・・・1.0倍のことも普通にある。

1.0倍って意味無いやん(‘A`)

まあ、そんな感じなので普通は誰も複勝なんて買いません。つまんないから。
1000円賭けて1.1倍で1100円、つまりプラス100円。
バイトでもやってろって話ですよね。

しかし、当たり馬券を取りやすいのは間違いの無い事実。

適当に過去の開催日のデータを確かめてみればわかる事ですが、どの開催日で見ても複勝1番人気の馬は
殆どのレースで1位~3位に絡んで入賞しています。
大体、7割から9割の確率で入賞している。

だから、複勝で1番人気の馬券を買えば勝率は8割、9割の世界。
つまり、連敗し難い。まあ2連敗はあるかも知れないけど、3連敗は滅多にない。

・・・連敗し難い。この特性を利用すれば勝率がメチャクチャ高い必勝法を実現することができる。

マーチンゲール法(追い上げ)を使って。

マーチンゲール法とは賭けに負ければ、次の勝負で賭け金を増やして前回の負けた分を取り戻す手法です。

例えば、勝てば賭け金が2倍になるギャンブルで1000円賭けたとして、負けてしまえば賭け金の1000円がなくなってしまいます。
その場合、次の勝負で2000円賭けて勝負に勝てば帰ってくる額は2000×2倍の4000円。
つまり、前回の賭けで失った1000円を取り戻して、プラス利益の1000円も獲得することができるわけです。

そして、もし2000円賭けた勝負でも負けたとしても、次の勝負で2倍の4000円を賭けて、それでも勝てなきゃ更に2倍の8000円。

このように、勝負に勝つまで賭け金を吊り上げていけば理論的には必ず利益を得ることができる。
マーチンゲール法は無敵の必勝法なのです。理屈の上では・・・。

しかし、理屈では無い現実の世界では勝負に勝つまで賭け金を吊り上げ続けるなんてことは出来ないですよね。
無限にタネ銭があるなら出来ますが、そもそもそんなにお金があるのなら賭け事なんかしなくていいわけで・・・

マーチンゲール法の弱点は連敗が続けば無限に賭け金が上がって破産してしまうこと。

だったら、連敗しなければマーチンゲール法の弱点は無くなりますよね。

つまり・・・連敗し難い複勝一番人気1点買いでマーチンゲール法を使えば・・・競馬必勝法の完成やん?

因みに複勝のマーチンゲールは勝った際の倍率(オッズ)が低いので、負けた際の次の賭け金の計算は通常のマーチンゲール法のように単純に2倍にするわけではありません。

例えばオッズが1.2灰の場合。



うん・・・・4連敗したら5レース目には648万円賭けないといけなくなるんです。
たかが千円儲ける為に・・・アホかと。

因みに儲け額を千円の半分の500円もしくは250円にすると、当然ですが賭け金の上昇はマイルドになります。

まあ、いくらマイルドになったとしても5試合目の賭け金はとんでもない金額になってしまうわけですが。

しかし、複勝1番人気は勝率が高いので連敗する確率は非常に低いです。

勝率9割、敗率1割の勝負で2連敗、3連敗、4連敗する確率は・・・

勝率8割、負率2割の勝負で2連敗、3連敗、4連敗する確率は・・・

勝率8割の場合4連敗する確率は0.16%。1000回に1回か2回の確率です。

そして500円の配当を狙う場合、4連敗した時点での失った賭け金は2500+15000+90000+520000=62万7500円
そして1000回分、500円勝てば・・・・50万円

つまり、1000回勝って50万円獲得する前に、4連敗して62万7500円失う可能性が高いわけです。
アカンやん。ダメダメです。

しかし・・・・勝率を9割にするなら結果は違ってきます。
勝率9割で4連敗する確率は0.001%。つまり1万回に一回の確率です。
そして1万回分、500円勝てば・・・・・500万円!!。

つまり、4連敗して62万7500円失う可能性と引き換えに1万回勝って500万円獲得できるのです。
圧倒的に儲かります。
勝率9割ならば。

そして勝率9割の数字は、単純な複勝1番人気1点買いに工夫を加えて勝率を上げれば、実現可能な確率です。

多分・・・・いや、なんとかできるはず。

そんなわけで、今後は競馬の過去データを分析して勝率を上げていく作業をこのブログでやっていきます。

この手法が成功すれば、ワイもセレブの仲間入りや。やったぜ(すでに勝った気でいる(^.^))。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大